6つの資格は言語に要求される
  • 6つの容量があるまたは資格は言語のawearnessについて要求される。 人がそれらの1加えれば彼はその言語のlitrateとして考慮されるべきである。 フランス彼の地面に住んでいるが、例えば人は日本である。 そこにstreatおよびオフィスの言語はfranchである。 彼は日本人で考えが、表現するために負い、Franchに書いていたらか、または話す。 世界のスラブの地面のオフィスの言語は英国である。 1つは彼の原住民または祖国の言語の公式のセクターで考えなければならないが、彼は英国に書くために区切られる。 言語のlitracyに関する最初そしてできない段階か要素が考えていることをその意味する。 祖国の言語の言語効果は彼の英国の執筆で感じることができる。 この事実はあらゆる段階、25年彼の第2地面の使ったが、この人が彼の祖国の言語で考えるあるべきである人で拒絶することができない。 考えること考えることは要求する: • 人の精神はcreavityのできるべきである。 • 家についての右か間違った概念が、streat、Scoietyおよび仕事およびビジネスになければならない 世界のルーチン。 • 生命の実験。 • 事、行動および態度を検査するManutely; 人、状態、atmosphare、 作成の季節、性質、性質および他は人間であるそれからおよびconstracts必要がある。 • 宇宙とのとらわれの精神を調査するか、または持ちなさい。 • 彼の居間の人々、事およびビジネスについての個人的な視点。 理解理解に重要な面、また多くの要素の必要性がある。 のため例: a. streatの単語の意味のKnoweldge b. 使用中の意味のKnoweldge既に c. 人は彼自身の生きている方法に従っておよび生活スタイルを単語の意味をならない得なければ D. 人は社会のトランザクションの彼の個人的なawearnessそしてknoweldgeに従って単語の意味をする。 e. 人に類似およびdislikenesと同様、言語の彼自身の好みがある。 f. 人は彼の生きている組み立ての視点に従って言葉の意味をする そして必要性。 g. 単語の店話すこと すべてでまたはある方向を話すこと規則にあるなる。 よりよく明確で、印象的な会話を話すことは多くの事を必要とした。 要求する例ように: • 会話の言語のKnoweldge。 • 話す器官は順序であるべきである。 • 助力話す器官ieの肺は順序であるべきである。 • 口語の調子のKnoweldge。 • 後ろのKnoweldgeはアルファベットの調子をhiden。 • 製造の新しい単語の強いknoweldge。 • スピーカーのsholdに新しい単語を造る十分なknoweldgeがある。 • streatの単語の調性のKnoweldge。 • 単語の調性のKnoweldgeテキストのサービスの他そして。 • 表現の単語のajduestmentのKnoweldge。 • スピーカーに新しい単語の作成によってabiltyあるべきである。 • peakerに出来事についてのそしての彼自身の視点があるべきである 事のトランザクション。 • スピーカーにreplingのabilty十分にあるべきである。 • スピーカーの絶対必要に事のhapiningsそしてトランザクションについての彼自身の視点がある。 18ポイントの下で存在でなる話すことの調性そしてモデル: a. Pesonalの態度 b. 個人的な必要性 c. 言語の個人的なKnoweldge D. 主題 e. 状況 f. 状態 g. 公共のdemondsおよび欲求のための必要性 h. 個人的な、公共利益 I。 話すことの実用的 j. 経済的な位置 k. 社会的地位 l. 共通の出来事 m. および行動人々のreactionalityについて考えられる n. 自信 o. 表現の欲求 p. 気分 q. 場所の場所 r. 季節のaffacts 執筆 執筆は人命のsensative深刻な、責任がある仕事である。 それは大いに基本的な、助力条件を必要とした。 例のため: a. streatのKnoweldgeはsignificancesを表現する b. 使用のそこのsignificancesのKnoweldge c. 人は彼自身の生きた方法に従って単語の重大さを得なければならない 生命のモデル d. 人は彼のawearnessおよびknoweldgeに従って単語のsignificancesを作る F.人に類似およびdislikenesと同様、言語の彼自身の好みがある。 e. 人は彼の生きた視点および必要性に従って限界のsignificancesを作る。 f. 単語の在庫 、引用された要素の上で話すことの時に決してスピーカーに手で描いたの任せてはいけない。 読書 読書は動産の利権の類似およびdislikenessの質問である。 人は頻繁に彼自身の選択および興味の執筆を読むのを好む。 読書のKnoweldgeはこの要素によって改良する。 このknoweldgeは話し、書くことのknoweldgeと絶対に異なっている。 読者は彼のモデル生きた興味および実験に従って単語のsignificancesを作る。 彼の興味、本当にそこに部分および彼の精神の信任に戻る含まれていないそれらの執筆によい物または偽のsignificancesがそこにない。 執筆執筆は非常に著者のための出口のsensative責任がある深刻なおよびdificultの仕事である。 彼はそう多くのboundationsおよび限定の下で書かなければならない。 例えば a. 著者はlinguisticaの規則にaccordenceの単語を造らなければならない b. 彼は彼の執筆のテキスト(アルファベット)の手紙雇われなければならない c. 彼はアルファベットの後ろでhidenあるそれらの音を用いることができない d. 彼が考えるところにある特定の事はworngであるまたは彼と作り出される悪い状態そこに彼は単語を使用する 記号によるシステムの方法 e. 彼は二重量を単語のsignificancesのいくつかまたは多く得る方法を適用してもいい。 f. 彼は同じの製造のために特定の方向のためにさまざまな形態で単語を使用してもいい パトロン。 g. 経験を持っていることによって彼はモデルの彼自身の方法および執筆の方向を得なければならなくてもいい。 h. 他のlipiに書けば(アルファベットかコピー)彼は彼等のに従って単語を運ぶことを試みる 元の音。 どの音がそのlipiでそこにavilableではないかsusbtituteの音は好まれる。 この資格のためにこれらのsampalsを見なさい: a. よりよいbaitar書かれる b. 社会的な1つは得るsoshal形態をある c. bochに装備されていたbokhがある d. kamisan khamisan書かれる。 e. 状態にsichuaishan形態がある。 f. پہلは形態の書かれているبھلにある g. الپھはالفに変わる h. پھیکاはپہکاの形を得る i. تによって識別すればڑは英国アルファベットにない。 英国tおよびr/dで利用できなさいありなさい 取り替えとして鳴る。 j. ドイツ言語ではCHはkhay (خ) ieミュンヘン(Munikh)のために、Boch (bokh)用いられるが、CHはある ない他の言語のkhayのための共通の使用で(خ)こうしてこの音はkhay (kh)別様に取られる。 l. この単語siのマレーシア(Malayshia)は、SH (ش)、siである光沢(ش)のためにnonusable提供する、従ってこの音は SHの取られなさい。 ここにマレーシアにそれは6でように読まれるسیである。 m. 単語でこのThは(i) دを作り出したが、Thは健全なد Dのためにدのために共通こうして使用されるではない 取り替えの音のように。 n. ウシでは、タクシー、最高、酸素および委任状、xは2つの音のkaaf (k、CH - ک)をおよび見られて提供する(s、c - س)。 これらの単語はサウンド・システムに従って他のlipisにそこに書かれる。 例えば Oks (ウシ)、taksi (タクシー)、maksimum (最高)、oksigen (酸素)、proksi (委任状)。 それがない一方 ususal態度を採用する。 o. پٹچڈڑژの音はアラビア語にない代わりの音のبتجدرجیはのために使用することができる 言語必要な機能を続けていきなさい。

Howdy, Stranger!

It looks like you're new here. If you want to get involved, click one of these buttons!